ゲーム実況向け! 注目のおすすめPCとは?

目次

ゲーム実況に最適なPCスペック要件

ゲーム実況に最適なPCスペック要件

CPUの選び方 実況に必要な処理能力

ゲーム実況において、CPUはマルチタスクをこなす心臓部分となります。

ゲーム実況に最適なPCを選ぶ際、CPUはストリーミングとゲームの処理を同時に、かつスムーズに実施できる性能を求められます。

実況に適したCPUとは、複数のコアを持ち、高いクロック速度で動作するものです。

例えば、現在のゲーム実況では、コア数が6以上で、クロック速度が3.5GHz以上のものを選ぶと安心でしょう。

さらに、最新のAAAタイトルを快適に動作させるだけでなく、実況中に必要なエンコーディングや、複数のソフトウェアを問題なく使えるだけのスレッド数が重要です。

CPUの選び方の要点としては、少なくともマルチスレッドをサポートしていることが挙げられます。

加えて、動画のアップロードや編集作業を行うための高いシングルコア性能も重宝されます。

ストリーミング用のソフトウェアは、結構なCPUリソースを利用しますので、CPU選びでは将来的なアップグレードの余地も考慮に入れると良いでしょう。

ハイエンドモデルを選ぶことで、新しいゲームの要求スペックが高くなった場合も余裕を持って対応できますし、長期間にわたって快適な実況環境を維持できるでしょう。

しかし、コストパフォーマンスも考え、自分の実況スタイルに合った選択をするのが賢明です。

重要なのは、処理能力だけでなく拡張性や予算も総合的に判断することなのです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40963 2399 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40912 2340 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40912 2340 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38394 2062 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38318 2033 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35330 2217 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35330 2217 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33590 2192 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33590 2192 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32370 2086 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32370 2086 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29106 2024 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28708 1955 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26899 2029 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24515 2087 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24515 2087 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21964 1935 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20260 2000 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19407 1923 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17641 1802 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15964 1765 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15964 1765 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15210 1967 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9029 1734 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9029 1734 公式 価格

メモリの重要性 ゲームと配信の同時処理

ゲーム実況をする際には、ゲームのプレイだけではなく、そのゲームプレイを高品質でストリーム配信する作業も同時に行います。

このため、PCにはゲームの動作に必要な処理能力と共に、配信ソフトウェアが要求するリソースにも迅速に応えられる能力が求められます。

特にメモリは、高速に幅広いデータを一時的に保持し、CPUへのデータ送信をスムーズにする役割を担っています。

実況中にゲームの読み込み速度が遅れると視聴者の没入感を損なうだけでなく、配信ソフトウェアも同時に動作するため、より高いメモリ容量が不可欠となります。

実際、多くの実況配信者が快適なストリーミング環境を確保するためには、16GB以上のメモリを推奨していますが、さらに余裕を持たせるために32GBを搭載することも少なくありません。

高解像度のゲームをプレイしながら高画質でのライブ配信を行う場合、これらのメモリ容量は実況配信の品質を左右する重要なファクターです。

もちろん、ソフトウェアの最適化やストリーミングの設定によってもメモリの負荷は変化しますが、一般的にはメモリの量が多ければ多いほど、ゲームと配信という二重のタスクを快適にこなすことができます。

視聴者にストレスのないエンターテインメントを提供するためにも、メモリのスペックは決しておろそかにするべきではありません。

ストレージの種類と容量 ゲームのロード時間を短縮

ゲーム実況に最適なPCを選ぶ際、ストレージは重要なポイントです。

ゲームにおける快適なプレイには、ロード時間が直結しており、これを短縮するには速度と容量がキーになります。

現在主流のストレージには、高速にデータを読み書きできるSSD(Solid State Drive)と容量重視のHDD(Hard Disk Drive)があります。

実況には、OSやソフトウェアの快適な動作のためにSSD、さらにはその中でもNVMe(Non-Volatile Memory Express)対応のものを推奨します。

これにより、ゲームデータのロードが飛躍的に速くなるため、ゲーム実況の待ち時間が大幅に削減されるからです。

さらに、ストレージ容量についても考慮が必要です。

ゲームタイトルによってはインストールに数十ギガバイトを必要とするものも少なくありません。

複数のゲームをインストールし、実況を行いたい場合は、最低でも1TBの容量を持つSSDが理想的です。

この組み合わせであれば、速度は確保しつつ、大量のゲームデータを保存でき、いつでもすぐに実況が開始できます。

手っ取り早くロード時間を短縮するために、ストレージにSSDを選ぶだけでなく、その品質や性能を見極めることが実況者にとって求められる賢明な戦略です。

ゲーム実況では、スムーズな体験が視聴者の満足度を向上させるため、ストレージ選びは見過ごせない要素の一つと言えるでしょう。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

グラフィックカードの選定 実況映像のクオリティ向上

ゲーム実況向けのパソコンにおいて、グラフィックカードはその心臓部とも言える重要なコンポーネントです。

視聴者に最高の映像体験を提供するため、選定には特に注意を払う必要があります。

グラフィックカードが優れているほど、高解像度で滑らかな画像を実現し、同時に多様なエフェクトや豊かな色彩表現も可能になるのです。

そして、これらは実況の視聴体験を大きく左右し、視聴者の満足度を高めます。

実況者が扱うゲームの種類によっても必要なスペックは変わるため、自身の主な用途を見極めることが肝心です。

例えば、最新のトリプルAタイトルを高画質でプレイしながら配信する場合、現状ではNVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズの上位モデルが推奨されます。

これらのグラフィックカードは進化したレイトレーシング技術を搭載し、リアルタイムでの驚異的なライティング効果を実現し、実況映像に臨場感と鮮やかさをもたらします。

ただし、グラフィックカードの性能が高ければ良いという訳ではなく、PC全体のバランスが非常に重要です。

プロセッサーやメモリ、ストレージとの相性も考慮し、最適な組み合わせを選ぶことが求められます。

グラフィックカードに過剰な投資をするよりも、全体のパフォーマンスを向上させられるバランスの取れた選択が、長期的な視点で考えると実況活動には最良です。

結論として、実況映像のクオリティを高めるためには、ゲームのジャンルや予算に応じたグラフィックカードの選定が不可欠であり、単に最新かつ高性能な製品を選ぶのではなく、全体的なシステムバランスを見極めた上での賢い選択が求められます。

視聴者に忘れられない印象深い映像を提供するために、この部分には特に丁寧な検討をすることが大切です。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 35966 73532 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29909 72832 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 28961 67784 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26014 66970 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23590 55200 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19809 50075 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19124 50718 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17863 45515 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16890 42107 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13381 34332 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13380 34778 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13265 34151 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12391 30137 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10762 31486 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10592 28354 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10583 27281 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7293 19464 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6235 15914 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ゲーム実況におすすめのPCブランドとモデル

ゲーム実況におすすめのPCブランドとモデル

エントリーモデルからハイエンドモデルまで

ゲーム実況では、スムーズな配信と充実したゲーム体験を提供するため、パソコンの性能が非常に重要となります。

エントリーモデルからハイエンドモデルまで、幅広い選択肢があり、実況者のニーズや予算に応じて最適な機種を選ぶことが可能です。

エントリーモデルでは、コストパフォーマンスに優れたものが多く、初心者にも手が届きやすい価格帯でありながら、基本的なゲーム実況を行うのに十分なスペックを備えています。

例えば、複数のコアを持つプロセッサや十分なRAM、そしてゲームのロード時間を短縮するSSDが標準装備されているモデルが人気です。

一方で、ハイエンドモデルに目を向けると、4Kでのゲーム配信やVRゲーム、高負荷な最新タイトルにも対応するパワフルなグラフィックカードや、マルチタスキングを快適にこなすための高速プロセッサ、大容量メモリが特徴です。

高画質での実況や長時間の使用にも耐えうる耐久性も魅力的です。

真剣にゲーム実況を行いたい方には、後にできるだけアップグレードが求められないような、将来を見据えたスペックを抑えたPCを選ぶことが大切です。

熱暴走に配慮した冷却システムや、充実した入出力ポートを持つモデルは、長時間の使用にも耐えうる信頼性の高さを実感させてくれるはずです。

ゲーム実況向けPCは、ただ高性能なハードウェアを搭載するだけでなく、実況者の使いやすさや快適性を重視した設計が求められます。

そのため、各ブランドの特徴を理解し、実際の使用シーンを想像しながら、ご自身に合った一台を選ぶことが成功への第一歩となるでしょう。

コストパフォーマンスに優れた選択肢

コストパフォーマンスに優れた選択肢として、ゲーム実況を目指す方々が注目したいのは、信頼の置ける性能と価格のバランスを見事に兼ね備えたPCのラインナップです。

例えば、Acer Predatorシリーズは高性能ながら手が届きやすい価格設定で、多くのゲーマーに選ばれています。

強力なプロセッサを始め、高速なグラフィックカード、十分なメモリ容量を搭載しつつ、長時間の使用にも耐えうる耐久性を誇ります。

また、冷却システムにも配慮がされており、熱によるパフォーマンス低下を最小限に抑え、安定した実況体験を支えています。

別のおすすめはDell GシリーズのPCで、すぐれたパーツのアップグレードのしやすさとカスタマイズ性で人気です。

ゲーム実況においては、様々なゲームタイトルが問題なく動作することが求められますが、このシリーズはその点で安心を提供してくれます。

さらに、ゲーム実況ではストリーミングにも強いPCが求められますが、HP Pavilion Gamingシリーズはその要求を兼ね備える点でひときわ目立ちます。

このラインアップから選ぶことで、ライブストリーミング中にも快適な動作を維持し、視聴者を退屈させることなくエンゲージメントを高めることができるのです。

これらのPCは、価格面でもエントリーレベルのゲーマーから熟練者まで幅広く対応しており、ゲーム実況の可能性を追求する上で効果的な手段となることでしょう。

妥協のないゲーム体験と実況の質の向上を同時に望むなら、コストパフォーマンスに秀でたこれらのモデルから選ぶべきです。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CC

最新のパワーでプロレベルの体験を実現する、エフォートレスクラスのゲーミングマシン
高速DDR5メモリ搭載で、均整の取れたパフォーマンスを実現するPC
コンパクトでクリーンな外観のキューブケース、スタイリッシュなホワイトデザインのマシン
クリエイティブワークからゲームまで、Core i9の圧倒的スピードを体感

【ZEFT Z47CC スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KM
【ZEFT Z46KM スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KF
【ZEFT Z46KF スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースDeepCool CH510 ブラック
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAC

ハイパフォーマンスと価値を両立!これが次のレベルアップゲーミングPC
強さとスマートさを兼ね備えた、バランス抜群のマシンで勝利をつかもう
スタイリッシュなキューブケースで魅せるデスクトップ、コンパクトさも大きな魅力
最新のCore i5で、どんなタスクもスムーズにこなす、パワフルなPC

【ZEFT Z45XAC スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIC
【ZEFT Z47AIC スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIC

カスタマイズ可能なPCで自分に合った構成を

ゲーム実況をする上で、あらゆるシチュエーションにフィットするPCを求める声は非常に多いです。

その要望を叶えるために、カスタマイズ可能なPCは理想的な選択と言えるでしょう。

こうしたPCでは、バトルロワイヤルタイトルやリアルタイムストラテジーなど、あらゆるジャンルのゲームに最適化された性能を発揮します。

具体的には、オリジナルの仕様に合わせてプロセッサーやグラフィックカード、メモリを選定することが可能です。

また、ストリーミングとゲームプレイを同時にこなすためには、適切なCPUと快適な作業を支える十分なRAMが必要となります。

カスタマイズPCでは、これらの要素を自由に組み合わせ、配信のクオリティを落とすことなく、滑らかで高解像度なゲーム環境を整えることができます。

さらには、冷却システムを強化するなど、長時間の使用に耐えうるように設計することも重要です。

このようにカスタマイズ性を備えたPCを選ぶことで、将来的なアップグレードが容易になり、最新のゲームにも対応しやすくなるという利点もあります。

実況者の皆さんにとって、カスタマイズPCは将来を見据えたおすすめの選択肢と言えるでしょう。

適切なカスタマイズによって、自身のパフォーマンスを最大限に引き出し、視聴者にとっても楽しい実況体験を提供することが可能です。

ゲーム実況用PCのセットアップノウハウ

ゲーム実況用PCのセットアップノウハウ

最初に行うべきPC設定

ゲーム実況で成功するためには、最適なPC環境を構築することが肝心です。

初めてのセットアップでは、まず、オペレーティングシステムの更新を確認し、最新のセキュリティパッチが適用されていることを保証します。

これは、将来的なトラブルを避けるために必須のステップです。

次に、必要なドライバのダウンロードとインストールがあります。

特に、グラフィックカードやオーディオデバイスのドライバは、ゲームのパフォーマンスと実況配信の品質に直結するため、メーカーの公式サイトから最新版を取り入れることをお勧めします。

また、ゲーム実況用のPCではストリーミングソフトウェアも重要です。

遅延の少ないスムーズな配信を行うためには、OBS StudioやXSplitなどの信頼されているソフトウェアのセットアップが欠かせません。

それらのソフトウェアの設定では、解像度やビットレートを配信環境に合わせて調整し、テスト配信を行って問題がないかをチェックします。

さらに、ゲーム実況では快適な操作性が求められるため、マウスやキーボードの応答速度の調整も見逃せません。

Windowsのコントロールパネルや付属のソフトウェアを使用して、自分が最もプレイしやすいカスタマイズを行うと良いでしょう。

また、マルチタスクのためのメモリやCPU使用率も注視し、安定してゲームと配信ができるように調整することが大切です。

これらの初期設定を正確に行い、実況プレイのアイデンティティとなる高品質な配信を実現する準備を整えましょう。

セットアップを怠ることなく注意深く取り組むことが、エキサイティングなゲーム実況の世界への第一歩となります。


効率的な配信環境のためのソフトウェア

ゲーム実況用PCを構築する際に欠かせないのが、効率的な配信環境を整えるためのソフトウェアです。

配信ソフトウェアは、視聴者にとって魅力的な実況を行うためには不可欠なツールであり、その選択によって配信の質が大きく変わります。

例えば、高い評価を得ているOBS Studioは、無料でありながら高度なカスタマイズが可能で、複数のシーンを切り替えることで、画面上でゲームのプレイ画面以外にも、自身のリアクションやチャット欄を表示できるなど、配信者の個性を生かした演出が行えます。

さらに、XSplitといったソフトウェアは、有料版を利用することでより高度な機能を使用することが可能となり、ストリーミング画質の向上や豊富なプラグインによる拡張性を求める実況者に適しています。

また、配信の際には効率的な配信をサポートするソフトウェアが必要ですが、実際に視聴者とコミュニケーションを取るためのツールも重要です。

Discordを使えば、ゲームのプレイ中に他のプレイヤーや視聴者と声で簡単にやり取りができ、リアルタイムでの交流が実況の魅力を高めます。

こういったソフトウェアを適切に配置し、使いこなすことで、配信者はストレスなく視聴者を惹きつける内容を提供できます。

ゲーム実況用PCのセットアップにおいては、ハードウェアに合わせて最適なソフトウェアの選択と配置が、最高の配信結果を出すためには不可欠なのです。

トラブルシューティング時の対応方法

ゲーム実況用PCが想定外のトラブルに見舞われた際、迅速かつ冷静な対応は配信の継続に不可欠です。

そこで重要となるのが、現象を正確に把握する視点です。

例えば、ゲームが突然クラッシュした場合、ソフトウェアのバグや互換性の問題が疑われますが、メモリ不足やオーバーヒートなどハードウェア由来の原因も考慮する必要があります。

このように一つの現象に対して複数の原因が考えられるため、問題点を絞り込むためのロジカルなアプローチが推奨されます。

エラーメッセージやシステムログは、トラブルの原因を突き止めるための貴重な手がかりとなります。

エラーコードをウェブで検索することで、類似の問題を経験した他のユーザーの解決策を参考にすることが可能です。

さらに、ドライバーやOSの更新が遅れていないかも確認しましょう。

更新プログラムは、時にセキュリティの改善だけでなく、パフォーマンスの最適化にも寄与するため、常に最新を保つことが肝心です。

また、配信中にトラブルが起こった際には、視聴者への迅速な情報提供も大切です。

予めトラブルが生じた場合の対処法や代替コンテンツの準備など、フットワークの軽さを見せることが重要になります。

トラブルの解決のみならず、視聴者とのコミュニケーションを保つことで、信頼感を保ちつつ配信を続けることができます。

完璧な対応は難しいかもしれませんが、様々な角度から問題にアプローチし、解決に向けた努力を続けることが大切です。

ゲーム実況用PCのトラブルシューティングは、テクノロジーの知識だけではなく、臨機応変な対応能力も試されます。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

高画質ゲーム実況を支えるPC周辺機器

高画質ゲーム実況を支えるPC周辺機器

高解像度モニターの推奨モデル

高解像度モニターは、ゲーム実況の臨場感を一層高める重要な要素です。

精緻な映像を映し出し、細部に至るまでクリアな画像で視聴者を魅了するためには、推奨モデルの選定が肝要になります。

例えば、144Hz以上のリフレッシュレートを持つモニターは、滑らかな動きと迅速な映像の更新を可能にし、アクションゲームや競技性の高いゲームに最適です。

一方で、IPSパネルを採用したモデルは、178度の広視野角と色彩の正確さが求められる際に役立ちます。

特にゲーム実況では、4K解像度を支援するモニターがより一層プレイヤーに没入感を与えるでしょう。

これらのモニターは鮮明なテクスチャとリッチなカラーを再現し、視聴者が細部までゲームの世界を感じ取ることができます。

さらに、HDR対応のディスプレイを選ぶことで、より広い色域と高いコントラスト率により、映画館のような深みのある映像表現を実現することができます。

このように適切なモニターを選ぶことは、視聴者を引きつけ、ゲーム実況の品質を向上させるための不可欠なステップです。

快適な視聴体験を提供するためには、高品質の映像出力と相まって、スムーズな演出が可能な推奨モデルの選定に細心の注意を払う必要があります。

高解像度モニターの選び方は、成功するゲーム実況者への道を開く鍵となるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BZA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BZA
【ZEFT Z45BZA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BZA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53M

パソコンショップSEVEN ZEFT R53M

ゲームもクリエイティブ作業も快適、プロフェッショナル向けの最新ゲーミングPC
RTX 4080搭載、32GBの大容量メモリとの絶妙なバランスで高速パフォーマンスを実現
クリアパネルが際立つMasterBox CM694、デザインと機能性が融合したPCケース
Ryzen 7 7800X3D、3D V-Cacheテクノロジーでゲームも作業もスムーズに進む

【ZEFT R53M スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4080 Super (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53M

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AJ

エンハンストミドルクラス、ハイスペックな使い心地を提供するゲーミングPC
マスターフルRTX 4070Tiと先進の64GB DDR5メモリ、極上のパフォーマンスバランス
視線を引き寄せるミドルタワーケースに隠された、RGBの光彩が輝くデザイン美
Core i7 14700KF搭載、マルチタスクでも力強い性能を発揮

【ZEFT Z45AJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AR
【ZEFT Z52AR スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48EA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48EA

強力なパフォーマンスを備え、ミドルグレードを超える快適ゲーミングPC
RTX 4070 Super搭載、すべてのゲームが滑らかに動作する最適バランス
クリアサイドパネルで内部が輝く、洗練されたホワイトミドルタワーケース
ターボ性能に優れるCore i7-14700KFは、プロレベルの処理速度を実現

【ZEFT Z48EA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48EA

快適な操作を実現するゲーミングデバイス

高画質ゲーム実況を目指すうえで、視聴者にとって心地よい映像を提供することは不可欠ですが、同時に実況者の操作感にも注目が集まります。

快適なゲームプレイを実現し、視聴者にもその臨場感を伝えるためには、ゲーミングデバイスの性能が重要になります。

特に、精密なマウスや高速な応答時間を誇るキーボード、耳に心地よくフィットするヘッドセットは、実況におけるプレイヤーの延長線上にあると言えるでしょう。

ゲーミングマウスは、DPI(ドット・パー・インチ)設定のカスタマイズや迅速なクリックが可能なスイッチが特徴であり、敏捷な操作を要求されるシューティングゲームなどでその真価を発揮します。

キーボードにおいては、反応速度が速いメカニカルスイッチやNキーロールオーバーを支える高い入力認識能力が、実況中の緻密な操作をサポートします。

視覚だけでなく聴覚の情報も重要なゲーム実況においては、ヘッドセットの選択がキーポイントです。

クリアな音質と快適な装着感を兼ね備えたヘッドセットは、長時間の使用でもストレスを感じさせず、見逃せない微細な音も逃しません。

これらの周辺機器は、プレイヤーがゲームを統制し、その興奮や緊張感を視聴者と共有するための要となるため、実況向けPCとして選ぶ際には、これらのデバイスの品質にも充分な配慮をすることが推奨されます。

鮮明な画像だけではなく、ゲーミングデバイスによって実現される洗練された操作感が、ゲーム実況を次の次元へと引き上げてくれるのです。

実況者に必要なオーディオ機器の選び方

ゲーム実況を行う上で、視覚だけではなく聴覚の満足も視聴者の満足度を左右します。

そのためにはクリアで質の高い音声を提供することが求められますが、これが可能になるのは適切なオーディオ機器の選び方が鍵を握っています。

良質なオーディオインターフェースは、マイクロフォンや楽器からの信号をデジタルデータに変換することで、クリアな音質を保ちつつ、低遅延で配信することに貢献します。

マイクロフォンについては、環境に合わせてコンデンサーマイクかダイナミックマイクを選ぶことが重要です。

コンデンサーマイクは感度が高く、クリアな音質を捉えることができるため、静かな室内での実況には最適です。

逆に、ノイズが多い環境ではダイナミックマイクが有効で、不要な音を拾いにくくします。

また、配信中にマイクが拾う声だけに集中できるよう、適切なポップフィルターやマイクスタンド、ショックマウントの使用も忘れてはなりません。

音声は実況者のパーソナリティを伝える手段でもあるため、これらの機器選びには特に細心の注意を払い、視聴者に最高の体験を提供できるよう努めることが欠かせません。

PCでのゲーム実況に適したインターネット環境

PCでのゲーム実況に適したインターネット環境

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R58B

パソコンショップSEVEN ZEFT R58B

ハイエンドゲーマー注目のエフォートレスマシン、圧倒的なパフォーマンスでゲーム世界へ没入
均整の取れた最新技術、32GB DDR5メモリ、1TB NVMe SSDを搭載したスペックの絶妙な調和
透明感あふれるクリアホワイトケース、NZXTの流れるようなデザインが演出する洗練されたスタイル
マルチタスクを軽々処理、次世代Ryzen7 7800X3Dでパワフルな体験を

【ZEFT R58B スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R58B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BH
【ZEFT Z52BH スペック】
CPUIntel Core i7 14700K 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z50I

パソコンショップSEVEN ZEFT Z50I
【ZEFT Z50I スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4080 Super (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z50I

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAK

力強いパフォーマンスを備えた、次世代エキスパートクラスゲーミングPCがここに登場!
バランスとパワーの絶妙な組み合わせで、ゲームも作業もこれ一台で快適に
明るい内部が透けるCorsairのクリアパネルケース、デザインも機能も抜群のマシン!
Core i5の最新パワーで、あらゆる作業をスムーズに処理。高速でキビキビ動く!

【ZEFT Z45DAK スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAK

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FD

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FD

高性能をコンパクトに凝縮、アドバンストなゲーミングPC
32GB DDR5と1TB SSDで、強力スペックの絶妙バランスを実現
スペースを取らない、スタイリッシュな省スペースマシン
最新世代Ryzen 7で、非凡なパフォーマンスを供給

【ZEFT R53FD スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53FD

必要な回線速度とは?

ゲーム実況を行う上で、心地よく視聴者に配信を楽しんでもらうためには、安定したインターネット環境が不可欠です。

ゲームプレイと自分の声、場合によってはウェブカメラでの映像を同時にストリーミングするため、回線速度は非常に重要な役割を果たします。

特に、高画質や高解像度での配信を望むゲーム実況者にとっては、上り(アップロード)速度がクリティカルです。

一般に、720pの解像度で快適にゲーム実況を行うためには、少なくとも5Mbpsのアップロード速度が推奨されています。

しかし、1080pやそれ以上の高解像度での配信を目指す場合や、同時に複数のストリームを行う予定があるなら、10Mbpsを超える速度が求められることが一般的です。

4Kストリーミングを考慮に入れるならば、アップロード速度はさらに上がり、25Mbps以上が理想とされています。

また、ゲームの種類によっては、より高速なインターネット接続が求められる場合もあります。

特に、オンラインマルチプレイヤー機能を使用するゲーム実況では、遅延を最小限に抑えるために迅速なデータ送信が必須となります。

同時に、視聴者からのコメントにタイムリーに反応することが求められるため、低遅延が重要です。

これらの要件を満たすためには、回線の品質やルーターの能力にも注意を払い、総合的に最適な環境を整えることが大切です。

ゲーム実況をするPC環境においては、高速なインターネット接続が視聴者に最高の配信体験を提供するための鍵となります。

選ぶ回線と設備によって、配信の質とそれを視聴する喜びは大きく変わってきます。

安定した配信を保つためのネットワーク設定

ゲーム実況をする際には、快適なインターネット環境が求められます。

特に安定した配信を保つためには、ネットワークの設定が重要な役割を担います。

配信中の中断や画質の低下を避けるためには、帯域幅を確保し、通信速度の変動を最小限に抑える必要があります。

まず、ゲームと配信の両方に十分な帯域幅を割り当てるためには、品質の良いルーターの利用が推奨されます。

高性能なルーターを選ぶことで、データの処理速度が向上し、配信中の遅延が減少します。

さらに、ゲーム実況用にQoS(Quality of Service)機能を有するルーターを設定すれば、優先度をゲームやストリーミングに指定することが出来ます。

また、有線接続によってWi-Fiの不安定さを避けることも重要です。

イーサネットケーブルを使用してPCを直接モデムやルーターに接続することで、より安定したインターネット接続を実現しましょう。

これにより、Wi-Fiに起因する干渉や信号の低下を防ぎ、無線接続に比べて高速かつ安定した通信が可能になります。

次に、ストリームのビットレートは、利用する配信プラットフォームの推奨設定に従いましょう。

ビットレートが高すぎると視聴者の再生環境によっては再生が困難になり、低すぎると画質が悪くなる可能性があります。

適切なビットレート設定を行い、視聴者に快適な視聴体験を提供することが求められます。

最後に、使い慣れた配信ソフトウェアの最適化も見逃せません。

配信ソフトウェアで設定できるエンコードのオプションを調整することで、配信のクオリティを最大限に引き出しながら、システムへの負荷を管理できます。

ソフトウェアのアップデートも定期的に行い、最新の機能や改善されたパフォーマンスを確実に利用しましょう。

これらのネットワーク設定に注意を払うことで、ゲーム実況はさらにプロフェッショナルなものになり、配信者も視聴者も満足いく体験を得られることでしょう。


配信中のトラブルを避けるためのヒント

ゲーム実況中に起こり得るインターネットのトラブルを避けるため、いくつか大切なポイントがあります。

まず、安定した高速のインターネット接続は必須です。

配信の質を確保するためには、高いアップロード速度が重要で、最低でも5Mbps以上の速度が望ましいです。

しかし、理想を言えば、10Mbps以上が理想的であると言えるでしょう。

実況プレイ中には、ゲームの映像だけでなく、音声データやウェブカメラの映像などもアップロードするため、これらを快適に送信するための余裕のある環境が求められます。

さらに、ネットワークの安定性を高めるために、有線のイーサネット接続を推奨します。

Wi-Fiも便利ですが、壁や他の電子機器との干渉によりトラブルが発生しやすいです。

有線接続ならば、そのような問題を極力避けられます。

また、インターネットのトラブルを未然に防ぐためには、ゲーム実況を行う前に接続のテストを行うことも大切です。

特にピークタイムに実況を行う場合は、その時間帯の接続速度や安定性を確認しておくと良いでしょう。

最後に、万が一のトラブルに備えて、ストリーミングソフトウェアには常に最新の更新を適用し、自動回復機能などがある場合には設定を見直しておくと良いです。

これらの措置を講じることで、ゲーム実況中のトラブルを大幅に減らすことができ、視聴者への配信内容の質を維持できるでしょう。

PCゲーム実況のためのオススメ配信プラットフォーム

PCゲーム実況のためのオススメ配信プラットフォーム

国内外で人気の配信プラットフォーム比較

ゲーム実況を始める際に避けては通れないのが、どの配信プラットフォームを利用するかという選択です。

国内だけでなく、渉外で人気を集めるプラットフォームは、それぞれ特徴があり、実況者によって適したものが異なります。

例えば、Twitchは世界最大のゲーム実況専門プラットフォームとして、高い自由度と、国際的な視聴者層を持っており、多くのプロのストリーマーも活動しています。

対照的に、YouTube Liveは動画コンテンツの王者YouTubeが提供するライブストリーミングサービスで、既存の動画視聴者とのシナジーが期待でき、SEOやアーカイブ管理に強みを有しています。

さらに、国内ではニコニコ生放送が老舗の存在感を放ちつつ、新興のミラティブやOPENREC.tvなどのプラットフォームも着実に実況者と視聴者の心を掴んでいます。

それぞれのプラットフォームは、視聴者の傾向や配信機能、モノタイズの容易さなど異なる特色を持ち合わせており、実況者は自身の目指すスタイルや目標に合わせて選択することが肝心です。

初心者は使いやすさを、プロ志向の実況者はより高度なカスタマイズや分析機能を、地域に根ざしたコミュニティを大事にしたい方は国内プラットフォームの選択が望ましいと言えます。

視聴者とのエンゲージメントを深める機能や、他のソーシャルメディアとの連携も、放送のスタイルに大きく影響を与える要素です。

ですから、自らの配信目的と相談しながら、最適なプラットフォームを選ぶことが、ゲーム実況者としての成功の第一歩となるのです。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

各プラットフォームの特徴と選び方

PCゲーム実況の魅力を最大限に引き出すため、携わる配信プラットフォームの選択は極めて重要です。

Twitchはリアルタイムのやり取りを重視し、インタラクティブな体験が期待できる場として、世界中のゲーマーやストリーマーから広く愛されています。

一方YouTube Liveは既に確立した動画プラットフォームの上に構築されており、配信後のアーカイブが視聴しやすい環境を提供し、長期的なファンの獲得に繋がる可能性を秘めています。

Facebook Gamingはソーシャルメディアでの結びつきを活かし、交流を深めながらファンベースを拡大できるプラットフォームとして注目されています。

これらのプラットフォームはそれぞれ異なる特色を持ち、配信者のスタイルや目指す方向性によって最適な選択肢は変わります。

視聴者との即時性や動きのある配信を重視するならTwitch、動画コンテンツも含めて幅広い活動を目指すならYouTube、そして地域密着型や友人とのつながりを大切にしたいと考えているならFacebook Gamingが適しています。

重要なのは、各プラットフォームが提供するユニークな機能や視聴者層をきちんと理解し、自らのゲーム実況の目的と視聴者とのかかわり方を見据えて選択することです。

究極的には、視聴者にとって価値のあるエンターテイメントを提供し、それぞれのプラットフォームが持つ強みを活かしながら、ゲーム実況という形で独自の個性を発揮することが重要であり、このバランスを見極めることが成功への鍵となります。

視聴者を増やすためのプラットフォーム別戦略

ゲーム実況の世界では、視聴者を増やすために配信プラットフォーム選びが非常に重要となります。

さまざまなプラットフォームが存在する中で、特に注目すべきはTwitch、YouTube Live、Facebook Gamingです。

Twitchは高いコミュニティ性が特徴で、ゲーム実況者がファンとの絆を深めやすい環境が整っています。

リアルタイムでのやり取りが活発で、視聴者とのエンゲージメントを高めることでチャンネルを成長させやすい傾向にあります。

一方、YouTube Liveは、幅広い年齢層の視聴者がアクセスしやすく、VOD(Video on Demand)との相乗効果で再生回数を伸ばすチャンスが豊富です。

動画コンテンツとのシナジーを生かした戦略が功を奏します。

Facebook Gamingは、既に構築されたソーシャルメディア上での個人のネットワークを利用できるという強みがあります。

リアルタイム配信だけでなく、投稿やストーリーといった機能を組み合わせることで、より広範囲の視聴者へリーチしやすくなるでしょう。

これらのプラットフォームごとに特色が違うため、ターゲットとする視聴者層や配信するゲームのジャンル、個々のリソースや目標に合わせて選択を行うことが肝要です。

適切なプラットフォームを見極め、そこに特化した戦略を展開することで、視聴者の心をつかみ、フォロワーを増やすことができるはずです。

ゲーム実況界での成功には、技術やコンテンツのクオリティもさることながら、プラットフォームごとの特性を理解し、それを最大限活用する知恵が不可欠です。

予算別ゲーム実況PC構成例

予算別ゲーム実況PC構成例

最小限の予算で始める実況PC

ゲーム実況を趣味として始めたい、あるいは将来の投資と捉えてコストを最小限に抑えたい方には、最小限の予算でも快適に実況を行うことが可能なPC構成が重要です。

主要なパーツ選びに慎重になりつつも、必要十分な能力を有するものを選ぶことがコツとなります。

たとえば、CPUはゲームのプレイはもとより、ソフトウェアによるエンコードを行う際にも大きな役割を果たします。

そのため、少なくともクアッドコアプロセッサーを選択することをお勧めしますが、高価な最新モデルでなくても、中古市場でリーズナブルな価格で手に入る1~2世代前のモデルで十分な場合もあります。

同様に、グラフィックカードに関しても、最新ゲームの高設定を追求するのではなく、適切なフレームレートで安定したゲームプレイを実現できれば良いのです。

ここでも中古市場やエントリーレベルのカードが有効です。

また、ストリーミング時の快適さを保持するためには、8GB以上のRAMを装備することが望ましいでしょう。

ストレージに関しては、SSDを主力にすることでゲームやソフトウェアの起動速度が大きく改善し、よりスムーズな実況体験を提供します。

このように、各コンポーネントを賢く選定することによって、費用を抑えた実況PCでも充分にゲーム実況を楽しむことができるのです。

結局のところ、視聴者が求めているのは、最高のスペックではなく、魅力的なゲームプレイとその実況者の個性です。

予算を抑えた実況PCであっても、その点を念頭に置いた構成を心がけることが重要となるのです。

中級者向けのバランスの良いPC構成

中級者向けのバランスの良いPC構成は、ストリーミングやゲームプレイにおいて優れたパフォーマンスを発揮しつつも、コストパフォーマンスを念頭に置いた選択が求められます。

ゲーム実況を快適に行うためには、まずはじめにグラフィックスカードですが、NVIDIAのGeForce RTX4060 TiやAMDのRadeon RX 7700 XTなど、真価を発揮するフレームレートと解像度をサポートするミッドレンジモデルが適しています。

これらは最新のゲームタイトルも扱えるだけでなく、エンコード能力も持ち合わせているため、実況配信の画質を落とさずにスムーズな体験が可能です。

次に重要なのがプロセッサで、例えばIntel Core i5-14600KやAMD Ryzen 5 5600XなどのCPUが適切です。

これらのCPUはマルチタスク処理に優れ、ゲーム実況時のゲームプレイとストリーミングの両方で高い処理能力を発揮します。

また、ストレージに関してはNVMe SSDを1TB以上推奨します。

ゲームのロード時間の短縮と素早いデータアクセスによって、中断なくゲーム実況を楽しむことができるでしょう。

さらに、16GBから32GBのRAMが望ましいとされています。

大容量のRAMはゲームやその他の実行中のアプリケーション間での迅速なデータ交換を可能にし、安定した実況環境を提供します。

さらに、冷却システムにも配慮が必要であり、静音性に優れた空冷や、効率的な熱管理を実現する水冷クーラーを検討することが好ましいです。

これによって、長時間の実況中でもPCのパフォーマンスが落ちにくくなります。

以上のように、中級者向けのゲーム実況用PC構成では、配信の質を確保しつつも経済性を考慮した選択が重要となります。

ハイレベルな実況体験を提供しながらも、お財布に優しいこの構成は中級者が次のステップへ踏み出すのに最適な選択肢と言えるでしょう。

究極のゲーム実況体験を実現する高性能PC

ゲーム実況の世界では、その最前線を行くパフォーマンスが求められます。

そこで注目されるのが、高性能PCの存在です。

究極のゲーム実況を実現するためには、プレイの快適性を損ねない強力なプロセッサ、滑らかな映像を保証する高性能グラフィックカードが不可欠です。

さらに、長時間の使用に耐えうる冷却システム、迅速なデータアクセスを実現するためのSSDなど、選び抜かれたパーツによって構築されたPCは、まさにゲーム実況者にとっての強力な武器となります。

加えて、生放送などのリアルタイム配信で重要となるのは、途切れないスムーズなストリーミングです。

このためには、高速で安定したネットワーク接続も不可欠ですが、それを裏付け、支えるのがパワフルなマシンの力です。

高性能PCはギガビットイーサネットポートや最新のWi-Fi規格に対応していることもあるため、通信環境の最適化にも役立ちます。

そして何より、ゲーム中における視覚的な迫力や光の表現をリアルに再現するためには、HDR対応のディスプレイとそれをフルサポートするグラフィックスの能力が求められます。

高強度の動作が求められる現代のゲーム実況では、これらの組み合わせにより、まるでその場にいるかのような没入感を提供できるのです。

このように、究極のゲーム実況体験を実現するためには、ただ単にパーツを最新にするだけでは不十分です。

ゲームの内容に合わせた最適なスペック選び、そしてそれらが調和して作り出すトータルのパフォーマンスこそが、視聴者に忘れられない体験を提供する鍵となるのです。

高性能PCはゲーム実況者の才能と情熱を最大限に引き出し、世界中のファンを魅了し続けるための基盤としての役割を果たします。


実況中に役立つPCカスタマイズとチューニング

実況中に役立つPCカスタマイズとチューニング

実況を快適にするPCカスタマイズテクニック

ゲーム実況を快適にするためには、PCのカスタマイズが不可欠です。

特に、画質とフレームレートを維持しながら、滑らかなパフォーマンスを実現する強力なグラフィックカードの選定は重要です。

実況におけるグラフィックカードの役割は、重厚なグラフィックを途切れることなく配信するために、高いレベルでの処理能力を保持することにあります。

さらに、CPUの選択もゲームと配信の両立には欠かせません。

多くの場合、ゲーム実況には多くのコアと高い動作周波数を備えたCPUが推奨されます。

メモリに関しても、十分な量を搭載していることで、ゲームのローディング時間を短くし、実況中のアクシデントを減らすことができます。

通常、16GB以上のメモリを持つPCは、快適なゲーム実況環境において理想的とされています。

さらに、ストリーミング時のデータの応答速度を上げるためには、SSDの導入が効果的です。

HDDと比較して読み書き速度が格段に速く、ゲームやオペレーティングシステムの起動も速めることができます。

その結果、実況中においても視聴者にストレスを感じさせない滑らかな映像を提供することができるのです。

また、冷却システムも重要です。

長時間のゲームプレイとストリーミングはPCにとってかなりの負担ですから、適切な冷却を確保することで、安定したパフォーマンスを維持し、突発的な落ちやフリーズを防ぐことができます。

高性能のエアクーリングファンや水冷システムを導入することによって、PCの温度を効率的にコントロールし、最適な実況環境を保つことが可能になります。

これらのカスタマイズテクニックを取り入れることで、ゲーム実況を行う際には、より快適で、よりプロフェッショナルな環境を実現することができます。

チューニングでパフォーマンスを最大化する方法

ゲーム実況で求められるスムーズなプレイ動画は、最適化されたPCパフォーマンスが不可欠です。

チューニングにより、ゲームの読み込み速度を短縮し、フレームレートを安定させるなど、視聴体験を向上させることが可能になります。

特に、CPU及びGPUのオーバークロックは、パフォーマンスを向上させる中心的な手法です。

安定した高速動作を実現するためには、適切な冷却システムの導入が重要になります。

水冷式や高性能な空冷ファンを用いて、熱によるパフォーマンスダウンを防ぐことで、最高のパフォーマンスを保ちます。

加えて、メモリも同様にチューニングの対象で、タイミングの細かな調整や、XMPプロファイルの活用によって、データ転送速度を高めることに寄与します。

ストレージに関しては、ゲームのインストール先としてSSDを選択することで、ロード時間を大幅に短縮し、ゲーム中の動きも快適になります。

重要なのは、これらのハードウェア調整に際して、システムの安定性を保ちつつ最適化を図ることです。

オーバークロックに際しては、システムの安定性を損なわないよう、焼き入れのような手順によって徐々に限界を探ることが賢明です。

突発的なトラブルを避け、安全かつ効率的なパフォーマンス向上を目指しましょう。

これらのチューニング手法を施すことで、ゲーム実況者としての映像品質とプレイ体験の双方を高め、視聴者にとっても満足の行くコンテンツ制作が可能となります。

アップグレードによる長期的なPC性能の維持

ゲーム実況を長期に渡りクオリティ高く続けるためには、PCの性能を最新の状態に保つことが不可欠です。

アップグレードとは、PCの個々のコンポーネントを最新かつ高性能なパーツに交換することで、その結果、ゲームのロード時間の短縮、高解像度の映像処理、そして安定したフレームレートの維持を可能にします。

例えば、グラフィックカードをアップグレードすることで、美しいゲーム画面を滑らかに実況中にストリーミングできるようになりますし、ストレージをSSDに換えれば、ゲームの起動やレベルの読み込みが速くなります。

また、メモリの増設はマルチタスキング能力を高め、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動作させ、実況中のPCの応答性を向上させるでしょう。

さらにCPUのアップグレードは、複雑なゲームエンジンや同時進行するストリーミングソフトの処理負荷を軽減し、無理なく実況を行うことが出来ます。

しかし、部品の選定にはシステムのバランスを考えることが重要であり、単に高性能なパーツを選べば良いというわけではありません。

全体の構成に合わせて、適切なアップグレードを行うことが、最適なパフォーマンスを引き出す鍵です。

ゲーム実況者のPCをアップグレードする際は、将来的なニーズも見据え、拡張性のある選択を心がけることが重要です。

そうすることで、より長い期間に渡って、ストリーミングの品質を落とさず、視聴者に最高のゲーム体験を提供し続けることが可能になります。

プロの実況者に学ぶPCゲーム実況のコツ

プロの実況者に学ぶPCゲーム実況のコツ

実況者が実践する効果的なコミュニケーション方法

ゲーム実況における効果的なコミュニケーション方法は、視聴者との一体感を高める重要な要素です。

優れた実況者は、ただゲームをプレイするだけではなく、視聴者に対して積極的に話しかけ、その反応を得ながら実況を進めます。

この対話式のアプローチによって、視聴者は単なる傍観者ではなく、実況者と一緒にゲームを楽しんでいるという感覚を強く持ち始めます。

また、実況を魅力的にするためには、ゲームの中の面白い場面や、突発的な出来事に対して即座に機敏に反応することが肝心です。

このようなリアクションは視聴者の期待を裏切らず、予測不可能な楽しさを提供するために効果的です。

加えて、実況者の個性を前面に押し出すことも成功の鍵であり、個性豊かなコメントや特有の言い回しがファンを惹きつける原動力となります。

さらに、ゲームの状況に合わせて色々な話題で視聴者を楽しませることも大切です。

ゲームの裏話や開発秘話、その他の関連情報を織り交ぜながら、視聴者に新たな発見を提供することができれば、より深い関係性を築くことが可能です。

そして最終的にこれらの要素が組み合わさることで、身近な存在として実況者に親しんでもらい、リピーターを増やすことができます。

効果的なコミュニケーションを取り入れることは、生き生きとしたゲーム実況を作り上げるために不可欠なのです。

視聴者を引きつける配信コンテンツのアイデア

視聴者を引きつける配信コンテンツのアイデアを模索するにあたり、まずゲーム実況者の個性が反映されたユニークなコンテンツが不可欠です。

オリジナリティが光る配信は、多くの視聴者を魅了し、ファンを生み出す源泉となります。

たとえば、従来の実況に物語を織り交ぜることで、観る人がただ単にゲームの進行を見るのではなく、その物語に影響を受けながらゲームを楽しむという新しい視点を提供します。

また、コミカルな解説や、隠されたゲームのトリビアを提供することで、教養とエンターテインメントの両方を供給することが可能になります。

さらに、インタラクティブな要素を取り入れることも視聴者の興味を引きつけるための有効な手段です。

例えば、視聴者がコメントやアンケートを通じてゲームの選択肢を決めたり、次に進むべき道を指示するなど、視聴者が配信内容にダイレクトに影響を与える機能を備えることで、参加型の体験を提供し、視聴者のエンゲージメントを高めることができます。

技術的にも配信の質を保つための配慮が不可欠です。

例えば、高品質の映像や安定したストリーミング、切れ目のない音声など、配信のプロフェッショナル性を際立たせることで、視聴者はより快適な視聴体験を得ることができるのです。

最終的には、魅力的なコンテンツに加え、技術面での洗練がゲーム実況における成功へと繋がることを忘れてはならないでしょう。

長期的なファンを作るためのキャリアマネジメント

ゲーム実況界のプロたちの間では、視聴者との強い絆を築き、長期的なファンベースを形成することが成功の要とされています。

そのため、キャリアマネジメントには、ただ技術を磨くだけでなく、視聴者と共感し、信頼関係を築く努力が不可欠です。

実況動画でのコミュニケーションは、ゲームのプレイスキルを披露する場であると同時に、視聴者が戻ってきたくなるような居心地の良いコミュニティを作る機会でもあります。

さらに、ゲーム実況者にとって重要なのは、チャンネルの個性を確立し、市場で自身を独自のブランドとして位置づけることです。

ゲーム実況界には数多の競合が存在するため、画質や音声のクオリティ、エンターテイメント性を追求するだけでなく、独特のキャラクターや話題提供、視聴者とのインタラクティブな要素などで差別化を図ることが重要です。

このプロセスは、自身のスタイルを確立し、トレンドに左右されない強固なファン層を作り出す基盤となります。

また、定期的な配信スケジュールの設定や、新たなゲームへの挑戦、業界イベントへの参加も、ファンとの繋がりを強め、実況者としてのキャリアを長期にわたり持続させる上で欠かせません。

信頼は時間をかけて築かれ、定期的な配信や公約の履行は視聴者との絆を強くし、実況者のブランド価値を高めていきます。

この持続的な努力により、実況者は長期的な視聴者層と共に成長し、業界での地位を確立していくのです。

あわせて読みたい

ゲーム用パソコンのおすすめ決定版 2024年はこれで決まり!

ゲーミングPC.jp

徹底比較! ユーザー満足度の高いおすすめ静音PCベストチョイス

BTOパソコンチョイス

美しさを創る力! AI画像生成のためのおすすめPC選びキーポイント

ゲーミングPCフリーク

ゲームのためのパワフルスペックPC入門

ゲーミングPC Tier1

ゲーム実況力アップ! 最新おすすめPCで勝ち抜くコツ

BTOパソコンチョイス

ゲーマー専用! 高性能パソコンカスタマイズ注文ガイド

ゲーミングPC.jp

BTOゲーミングPCの魅力 おすすめカスタム仕様の探求

ゲーミングPC評価ブログ

2024年注目! おすすめゲーミングPC BTO完全リスト

BTOパソコンチョイス

画像編集向けPCの極意 エキスパートが選ぶおすすめスペック

ゲーミングPCフリーク

快適作業を実現する おすすめハイエンドPCの選び方

ゲーミングPC評価ブログ

ゲームを支配するデスクトップPCの選び方 スペックからデザインまで

ゲーミングPC.jp

動画編集の成否を分ける!パソコンスペックの正しい選び方

ゲーミングPC Tier1

AIイラスト向けPC選び おすすめ機種とその魅力

ゲーミングPC評価ブログ

ストリーミングも快適! ライブ配信おすすめデスクトップPC

ゲーミングPCフリーク

おすすめPCでゲーム実況のクオリティをアップさせる方法

BTOパソコンチョイス

ゲーミングPC仕様大公開! ニーズに最適なおすすめモデルは?

ゲーミングPC評価ブログ

自動生成エキスパート級! AIイラスト用PCの選び方とおすすめモデル

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPCで圧倒的な勝利を! eスポーツアスリートの選択

ゲーミングPC Tier1

動画編集PCスターターパック デスクトップPCのおすすめスペック

BTOパソコンチョイス

クリエイターの夢を実現! AI用高性能おすすめPCナビ

ゲーミングPC.jp

最高のデスクトップゲーミングPC選択ガイド おすすめモデル2024

ゲーミングPC評価ブログ

マルチタスク実現! 強力なCPUでカスタマイズするBTO PCテクニック

ゲーミングPC Tier1

高性能&高コスパ! ライブ配信におすすめなPC選定法

ゲーミングPCフリーク

パフォーマンス絶対主義! ゲーミングデスクトップPCのハードコア選択ガイド

BTOパソコンチョイス

エンジニア必携! おすすめのCore i7開発向けPCレビュー

ゲーミングPC.jp

エンコードもサクサク! 動画制作者向けパソコンの最適解

ゲーミングPC Tier1

効率化の秘訣! 業界別におすすめするカスタマイズパソコン注文術

ゲーミングPC評価ブログ

スペックからデザインまで! ゲーミングPC選び方完全マニュアル

BTOパソコンチョイス

ゲームプレイを変える! 快適ゲーミングPC構築マニュアル

ゲーミングPC.jp

プレミアムゲーマー向け! デスクトップで選ぶおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCフリーク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次