ゲーム実況完全攻略! 性能別おすすめPCベストセレクション

目次

ゲーム実況完全攻略! おすすめエントリーレベルPC

ゲーム実況完全攻略! おすすめエントリーレベルPC

予算と性能のバランスを重視

ゲーム実況において、エントリーレベルのPCは初心者にとってその第一歩とも言える重要な選択肢です。

予算と性能のバランスを重視することは、費用対効果を最大化し、無理なくゲーム実況の世界へ足を踏み入れるための知恵ともいえるでしょう。

ここで推奨するエントリーレベルPCは、十分な処理能力を備えつつも、手の届きやすい価格帯のモデルを選んでいます。

ゲームの動作要件を満たすだけではなく、複数のアプリケーションを同時に動かす際のマルチタスキング性能も念頭に置かれており、ライブ配信ソフトや動画編集ソフトといった実況に必要なアプリケーションのスムーズな運用を保証します。

さらに、将来的なアップグレードも視野に入れた構成が特徴的です。

ユーザーがゲーム実況の経験を積み、より高度な機能や性能を求めるようになった際にも、簡単にメモリの追加やグラフィックカードの交換が可能なモデルを選定しています。

これにより、長期的に見ても経済的な投資となるでしょう。

さりげないが洗練されたデザインや、使い勝手を考えられたポート配置など、細かい部分にも気配りが感じられるおすすめのエントリーレベルPCは、コストパフォーマンスが高く、ゲーム実況を始める上での最適な選択肢です。

ゲーム実況入門者におすすめのスペック

ゲーム実況入門者におすすめのスペックについて語る上で、最も重要なポイントは安定した快適なプレイ環境を確保することです。

エントリーレベルPCでは、高性能なグラフィックカードを積む余裕はなくとも、現行の主流タイトルを中?低設定で楽しむのに十分なものが求められます。

例えば、NVIDIAのRTX3050やAMDのRadeon RX 7700といったグラフィックスカードはコストパフォーマンスに優れ、実況に最適です。

プロセッサーは、複数のアプリケーションを同時に動かすゲーム実況では特に大切です。

ここでは、少なくともIntel Core i5やAMD Ryzen 5を目安に選ぶと良いでしょう。

これらは複数のコアを有しており、ゲームと配信ソフトウェアをスムーズに動作させることができます。

また、快適な実況体験のためには、十分なメモリ容量を確保することも不可欠です。

現在のところ、8GBのRAMは最低限とされていますが、余裕を持って16GBを推奨します。

ストレージに関しては、高速なデータアクセスが可能なSSDを起動ドライブに配置し、大容量のHDDをゲームや動画データのストレージとして組み合わせるのが一般的です。

ゲーム実況の世界に足を踏み入れる際には、長時間の使用を考えた冷却システムも見逃せないポイントであり、作業の効率化と機器の耐久性を保つためにも重要となります。

これらの要点を押さえれば、ゲーム実況入門者が迷わずに選べるエントリーレベルPCを手に入れることができるでしょう。

エントリーレベルで求められる最低限の要件

ゲーム実況をスタートするうえで、エントリーレベルのPCが満たすべき最低限の要件は、安定したパフォーマンスと快適な操作感を確保することです。

初心者が選ぶ際には、編集ソフトや配信ツールの要求するスペックを考慮し、その基準をクリアできる構成のPCを選ぶ必要があります。

具体的には、クアッドコア以上のCPUを搭載していることが望ましく、現代のゲームタイトルと実況配信ソフトが要求する計算処理能力に応えられるでしょう。

メモリに関しては、8GB以上を標準とし、ゲームのロード時間を縮めつつ、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動作させることが可能となります。

また、ゲームの映像をクリアに描出するためには、専用のグラフィックカードが必須であり、少なくとも中レベルのカードが推奨されます。

ストレージに関しては、読み書き速度が速いSSDを採用することで、ゲームの起動やデータの読み込みをスピーディーに行え、より快適な実況体験につながるでしょう。

出力先として、複数のディスプレイを管理しやすいようにHDMIやDisplayPortなどの接続端子も十分な数が備わっていることが望ましいです。

これらの要素が一つのケースにまとめられていることで、ゲーム実況のエントリーレベルPCとしては十分な機能性を持ち合わせていると言えるでしょう。

ミドルレンジPCの選び方 ゲーム実況に適したモデル

ミドルレンジPCの選び方 ゲーム実況に適したモデル

価格とパフォーマンスの中間を攻略

ゲーム実況においては、なめらかなプレイ映像を配信するためにはパフォーマンスは重要ですが、一方でコストも無視できない要素です。

ミドルレンジPCでは、これら二つの要因が絶妙にバランスをとりながらユーザーに最適な体験を提供します。

ミドルレンジとは言え、ゲームの動作要件を満たす十分なスペックを持ちつつ、高額すぎない価格帯で市場に出回っているPCのことを指します。

ゲーム実況で妥協したくない中心的な要素は、CPUとグラフィックスカードの性能です。

特に多くの現代ゲームがグラフィックに力を入れているため、安定したフレームレートを確保する強力なグラフィックスカードが望ましいです。

ミドルレンジのPCの場合、主流のゲームタイトルであれば高設定でストレスなくプレイできるレベルのグラフィックスカードが搭載されています。

また、複数のアプリケーションを同時に動かすゲーム実況では、複数のコアを持つCPUも非常に重要です。

さらに、ストリーミングには安定したインターネット速度が必要ですが、それをサポートするためにも適切なマザーボード選びが重要となります。

ネットワークインターフェイスカード(NIC)が高性能なものを搭載しているか、また充分な帯域幅を確保できるかも見逃せません。

これらをバランス良く選び抜き、ゲーム実況に最適な環境を整えることができれば、プレイヤーの方も視聴者の方も満足する映像体験が生まれます。

ミドルレンジPCはコストパフォーマンスに優れ、立派なゲーム実況環境を構築するための鍵となるでしょう。

適切な選択を行うことで、高額な投資を避けつつ、素晴らしいゲーム実況の世界を広げていくことができます。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ゲーム実況における快適なフレームレート獲得法

ゲーム実況において、快適なフレームレートを獲得することは視聴者にとっても実況者にとっても極めて重要です。

フレームレートが高いほど、ゲームはスムーズに動き、細かな操作が正確に反映されます。

ミドルレンジPCを選ぶ際に目指すべきは、少なくとも60FPSを安定して維持するスペックです。

これを実現するためには、まずグラフィックカードが中心となります。

NVIDIAのRTX4060やAMDのRX 7600 XTのような、コストパフォーマンスに優れたモデルが理想的です。

さらに、プロセッサーはゲームの処理速度に影響を与え、Intel Core i5やAMD Ryzen 5の最近の世代を選ぶことで、余裕をもったパフォーマンスを得ることができます。

メモリに関しては、16GBがゲーム実況での快適なプレイをサポートする基準となりますが、余裕がある場合は32GBにすることで将来的なアップグレードへの対応力も高まります。

ストレージに関しては、高速なSSDを採用することでゲームのロード時間を大幅に短縮し、実況中の待機時間の削減にも繋がります。

これらの要素をしっかりとバランスよく組み合わせることで、フレームレートが大幅に向上し、視聴者にとって魅力的な滑らかなゲームプレイを提供することが可能になるのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMW

コアなユーザーが求めるパフォーマンス、ユニバーサルミドルセグメントの代名詞ゲーミングPC
平衡を極めた、DDR4-3200メモリ搭載&1TB SSDのスピード感ある動作体験
ホワイトミドルタワーケースで、透明感あるデザインがどんな空間にも鮮やかなアクセント
i7-14700F搭載、プロフェッショナルセグメントの力強い心臓部

【ZEFT Z47AMW スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ブラック
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GM

ゲーマーの心を弾ませる、ハイスタンダードなパフォーマンスを持つゲーミングモデル
圧巻のVGAと高速CPUのコンビが生む、まさにゲームとの運命的なバランス
小さな箱に大きな可能性、洗練された白のキューブケースが卓上を彩る
効率的な演算力、Core i5の最新が拓くスムーズなマルチタスクの世界

【ZEFT Z47GM スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45IB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45IB
【ZEFT Z45IB スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45IB

パソコンショップSEVEN EFFA G04CA

パソコンショップSEVEN EFFA G04CA

重厚なプレイ体験をコミットするエキスパートランクのゲーミングPC、プロから愛されるパフォーマンスをもたらすマシン
クリエイターも唸る緻密さ、32GB DDR5メモリと1TB SSDで高速処理はコミットされたスペック
スタイルを兼ね備えたミドルタワーケース、透明な側面パネルで光るパフォーマンスを隅々まで披露
目覚ましい処理能力、Core i7と言えばこれ!ゲームも作業も快適

【EFFA G04CA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 LiveMixer
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G04CA

パソコンショップSEVEN ZEFT R54A

パソコンショップSEVEN ZEFT R54A

エンターテイメントをリードする、パワフルなミドルレンジゲーミングPC
綿密な設計で絶妙なバランスを実現した、スペック充実のハイパフォーマンスモデル
シックな白で統一されたミドルタワーケース、クリアサイドパネルから覗くRGBの光彩
Ryzen5 7600搭載、新時代の速さでゲームも作業もサクサク進行

【ZEFT R54A スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54A

アップグレード可能なミドルレンジPCの選び方

アップグレード可能なミドルレンジPCを選ぶ際に最も重要なのは、将来の拡張性を考慮に入れた構成です。

ゲーム実況の世界は日進月歩で進化しており、今日満足のいく性能を持つPCも、数年後には要求されるスペックに追いつかなくなる可能性が高いです。

そのため、CPUのソケットタイプやマザーボードのチップセットに注意を払い、将来的にも上位のプロセッサーに交換できる余地を持たせることが大切です。

次に注目すべきはメモリスロットの数です。

ゲーム実況では多くの場合、複数のアプリケーションを同時に動かすため、パワフルなマルチタスキングが求められます。

最低限16GBのRAMは必要ですが、拡張スロットが豊富にあれば、将来的に容易にメモリの増設が行えます。

さらに、動画のエンコードやストリーミング配信にはグラフィックスカードも欠かせません。

アップグレードを見越して、電源容量にも余裕を持たせることが推奨されます。

電源ユニットは将来性の高いものを選び、ハイエンドカードにも対応できるように準備しておくと安心です。

ストレージに関しても、速度の要求が高まりつつあるので、SSDに加えて、追加のHDDやSSDを簡単に装着できるスペースがあるかも確認が必要です。

これらを踏まえ、将来のアップグレードを見据えつつ、現在のゲーム実況にも最適なPCを選ぶことが、ストレスのない配信活動の第一歩となります。

ハイエンドPCでのゲーム実況 究極の選択

ハイエンドPCでのゲーム実況 究極の選択

高品質な実況映像で差をつけるために

ゲーム実況において各プレイヤーが追い求める高品質な実況映像は、視聴者の満足度を大幅に高めます。

ハイエンドPCが持つ強力なプロセッシングパワーは、複雑なゲームのグラフィックスを滑らかに表現し、リアルタイムエンコーディングにおいても高解像度な映像を維持することができます。

また、多くのプロセスを同時に実行できるため、ゲームプレイ中にも配信ソフトウェアの操作や、チャットでの視聴者とのコミュニケーションがスムーズに行えるのです。

更に、高品質なグラフィックカードは光の反射や影の表現など、細かな美術要素を鮮明にし、ゲームの世界観をよりリアルに伝えることが可能です。

そのため、映像の清潔感を保つと同時に、視聴者にとっての臨場感や没入感も高まります。

そういった緻密な映像表現は、実況者の個性を強調し、チャンネルの魅力を引き立てる要素となり得るのです。

最後に、強力なオーディオ機能を持つハイエンドPCでは、クリアでリッチなサウンドを実現し、ゲーム内の環境音やサウンドトラックを高忠実度で再生することができます。

このように、高品質な実況映像を追求することは、より多くの視聴者を引き寄せ、ゲーム実況というエンターテインメントを新たな高みへと導く重要なステップなのです。

最先端技術がもたらすゲーム実況体験

高性能なハイエンドPCを使うことで、ゲーム実況においては想像を超えたクオリティと没入感を提供できます。

最新のグラフィックカードは、細部に渡るリアルな描写を可能にし、ゲーマーは映画のようなビジュアルを楽しむことができます。

加えて、高速なプロセッサはゲームが要求する計算を素早くこなし、滑らかなフレームレートを維持することで、テンポの良い実況を実現します。

ストリーミング中にもPCの処理速度がストリーマーのパフォーマンスを支えるため、視聴者はストレスなく高画質な配信を楽しめるのです。

熱の管理も高いレベルで行われ、長時間の配信でもパフォーマンスが低下することなく、視聴者とのコミュニケーションやゲームプレイに集中できます。

さらに、高品質なサウンドカードや専用のオーディオインターフェイスを利用することで、クリアでリアルタイムな音声を配信でき、ゲーム実況において重要な要素の一つであるオーディオ体験を格段に向上させます。

また、これらの技術により、多角的なコンテンツ制作が可能となります。

録画、編集、エンコードのプロセス全てが高速かつ効率的に行えるため、実況をより魅力的に、そして迅速に視聴者に届けられるのです。

このような経験は、ハイエンドPCならではの提供であり、ゲーム実況における最先端技術が生み出す究極の体験を実現します。


投資対効果を最大化するハイエンドPC選び

ゲーム実況におけるハイエンドPC選びでは、単に最上位スペックを追求するのではなく、投資対効果を慎重に見極めることが求められます。

必要なのは、先端技術を駆使したビデオカードと、複数コアの高性能プロセッサーで、長時間のゲームプレイと同時に、高解像度でのストリーミング配信を快適にこなせる能力です。

特に、配信中のライブエンコーディングはCPUに負荷をかけるため、i7またはRyzen 7以上を推奨しますが、状況に応じてi9やRyzen 9を選ぶことで、処理能力にゆとりを持たせ、配信のクオリティを向上させることができます。

一方で、ストレージの選択にも目を向けなければなりません。

ゲームの読み込み速度とデータの書き込み速度を速めるためには、SSDの採用はもはや当然ですが、長時間の録画データを保存するため、大容量のHDDとの併用も検討するべきです。

さらに、無駄なリソースの消費を防ぎつつ、高度なグラフィックを維持するため、適切な冷却システムの選定も重要です。

さて、コストの問題も無視できません。

上記のスペックを満たしつつも、将来的なアップグレードの容易さや、コンポーネントの耐久性なども考慮に入れる必要があります。

最高級のパーツで構築されたPCが必ずしも最良とは限らず、よりリーズナブルなパーツの組み合わせで、全体のパフォーマンスを最適化する知恵が求められるのです。

高い投資効果を得るためには、現行のゲームタイトルの要求スペックと将来のトレンドを見極め、無駄のない選択を心掛けることが、ゲーム実況者に最適なハイエンドPCと言えるでしょう。

PCのコア性能 CPU選びの秘訣

PCのコア性能 CPU選びの秘訣

ゲーム実況に求められるCPUのスペック

ゲーム実況を行う際には、スムーズなプレイと同時に、視聴者に満足のいく配信品質を提供することが求められます。

このため、CPUは多くのタスクを効率良く処理できる高性能なものを選ぶ必要があります。

ゲーム実況においてCPUが担う役割は、ゲームの計算処理はもちろんのこと、映像のエンコードやストリーミング、時にはウェブブラウザやチャットソフトなど複数のアプリケーションを同時に動かすマルチタスキングです。

理想のCPUスペックは、まずコア数が重要で、四コアは最低限必要とされていますが、より多くのコアを持つCPUを選ぶことで、タスクの分担がなされゲームと配信の負荷を効果的に分散できます。

加えて、高いクロック速度を持つCPUは各タスクを素早く処理し、ゲーミング中のフレームレートの低下を防ぐことができます。

また、ストリーマーにとって重要なのは、エンコーディング性能が高く、配信中の映像品質を維持しつつ、遅延を最小限に抑えることができるCPUです。

現代のゲーム実況には、複数のコアと高いクロック速度を兼ね備えたCPU、そして高いエンコーディング効率を持つ、インテル Core i7やAMD Ryzen 7以上のミッドレンジからハイエンドクラスのプロセッサが推奨されます。

こうしたプロセッサは、最新ゲームの要求するヘビーな処理を効率良くこなすと同時に、クオリティの高い配信を可能にし、エンドユーザーに快適な視聴体験を提供するための不可欠な要素となっています。

この基準を踏まえると、ゲーム実況に適したPCの選択も一段と容易になるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40963 2399 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40912 2340 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40912 2340 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38394 2062 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38318 2033 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35330 2217 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35330 2217 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33590 2192 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33590 2192 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32370 2086 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32370 2086 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29106 2024 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28708 1955 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26899 2029 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24515 2087 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24515 2087 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21964 1935 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20260 2000 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19407 1923 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17641 1802 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15964 1765 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15964 1765 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15210 1967 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9029 1734 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9029 1734 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CC

最新のパワーでプロレベルの体験を実現する、エフォートレスクラスのゲーミングマシン
高速DDR5メモリ搭載で、均整の取れたパフォーマンスを実現するPC
コンパクトでクリーンな外観のキューブケース、スタイリッシュなホワイトデザインのマシン
クリエイティブワークからゲームまで、Core i9の圧倒的スピードを体感

【ZEFT Z47CC スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KM
【ZEFT Z46KM スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KF
【ZEFT Z46KF スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースDeepCool CH510 ブラック
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAC

ハイパフォーマンスと価値を両立!これが次のレベルアップゲーミングPC
強さとスマートさを兼ね備えた、バランス抜群のマシンで勝利をつかもう
スタイリッシュなキューブケースで魅せるデスクトップ、コンパクトさも大きな魅力
最新のCore i5で、どんなタスクもスムーズにこなす、パワフルなPC

【ZEFT Z45XAC スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIC
【ZEFT Z47AIC スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIC

マルチコアCPUとストリーミング品質の関係

ゲーム実況を行う上で、PCのCPUは致命的な影響を与える部品です。

特にマルチコアCPUはストリーミング品質を向上させるために重要な役割を担っています。

最新のゲームタイトルを滑らかな映像で配信しながら、同時に高度な動画エンコーディングを行うには、複数のタスクを一度に処理できるようなCPUが必須になります。

ここでポイントとなるのは、ストリーミングソフトウェアがマルチスレッドを活用して、エンコード作業を複数のコアに分散できるかどうかです。

高いマルチコア性能を持つCPUを選ぶことで、ゲームのプレイ中でもCPUリソースを効率良く分配し、エンコードの時間を短縮させてストリーミングにおける遅延を最小限に抑えられます。

結果として、視聴者にはハイクオリティな映像での配信が可能になります。

こうした中、ストリーミングの品質を左右する要素として、CPUのコア数とクロックスピードが挙げられますが、コア数が多いほうが多くの場合より有利といえます。

ただし、マルチコアCPUを選ぶ際には、単にコア数が多ければ良いというわけではありません。

ゲームやストリーミングソフトウェアがコアをどれだけ効率よく利用できるかも重要で、オーバーキルにならない適切なコア数を選択することが求められます。

更に、それぞれのコアの処理能力も重要で、ゲーム実況においては、高性能コアが集積されたCPUをチョイスすることで最適なパフォーマンスが得られるのです。

選択の際には、最新のCPUアーキテクチャも視野に入れておくことで、将来的なアップデートにも対応しやすくなります。

このように、マルチコアのCPU選びはゲーム実況においては欠かせないテクニックです。

適切なCPUを選択することで、エンコードの負荷を軽減し、高品質なライブストリームを提供することができるのです。

エンドユーザーにとって快適な視聴経験を約束するためには、性能面で優れたマルチコアCPUの選択をお勧めします。

グラフィックカード ゲーム実況に欠かせない選択

グラフィックカード ゲーム実況に欠かせない選択

ゲーム実況向けGPUの見極め方

ゲーム実況を成功させるためには、適切なグラフィックカード(GPU)の選択が鍵となります。

ゲーム実況向けのGPUを見極める際には、まずゲームの種類とそれが要求するグラフィックス性能を理解することが肝要です。

例えば、高度に詳細なグラフィックを要求する最新のAAAタイトルを実況するのであれば、高性能なカードが必要となるでしょう。

一方で、比較的軽いグラフィックのインディーゲームならば、ミドルレンジでも充分な場合があります。

また、ゲーム実況では、ゲームプレイを快適に行いながら、リアルタイムでの映像エンコードも求められます。

これを効率的に行うためには、単にゲームをプレイするのに十分な性能だけでなく、ストリーミングにも特化した機能を持ったGPUが重要になります。

NVIDIAのNVENCやAMDのVCEといった、映像エンコードを効率化する専用のハードウェアエンコーダが備わったカードを選ぶことで、CPUへの負荷を軽減し、スムーズなゲームプレイと高品質な配信が可能になります。

また、予算の範囲内で最良のパフォーマンスを得るには、市場のトレンドや新型カードのリリーススケジュールも考慮に入れると良いでしょう。

新型カードの登場は既存のモデルの価格を下落させる効果があるため、タイミングを見極めて購入することで、コストパフォーマンスを最大限に高めることが可能です。

最終的な選択では、レビューやユーザーの体験談を参考にし、自分の実況スタイルに最適なGPUを見極めることが成功への近道となります。

実況者ならではのニーズを満たすグラフィックカード選びには、複数の要素をバランス良く評価する洞察が不可欠です。

技術の進歩に敏感でありながらも、自身の実況目的を常に念頭に置き、最適なGPUを探求することで、視聴者に最高のエンターテイメントを提供できるでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 35966 73532 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29909 72832 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 28961 67784 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26014 66970 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23590 55200 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19809 50075 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19124 50718 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17863 45515 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16890 42107 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13381 34332 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13380 34778 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13265 34151 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12391 30137 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10762 31486 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10592 28354 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10583 27281 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7293 19464 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6235 15914 130W 公式 価格

レイ・トレーシング対応カードの必要性

ゲーム実況の臨場感と美しい映像を追求するなら、レイ・トレーシング対応のグラフィックカードが必要不可欠です。

この技術は、光の挙動をリアルタイムで計算し、実写に迫るほどのリアリズムをゲーム画面に生み出します。

特に暗がりのシーンや光が反射、屈折する水面などの表現において、その違いは一目瞭然です。

レイ・トレーシングに対応しているカードを搭載したPCであれば、視聴者により高品質な映像を提供できます。

その結果、視聴者は映像のクオリティの高さに引き込まれ、ゲーム実況者としての信頼性や専門性をアピールすることができます。

さらに、ゲーム内の細やかな光の演出をしっかりと捉えることで、ゲームの世界観やストーリーをより深く共有することが可能になります。

現在市場には、多くのレイ・トレーシング対応グラフィックカードが存在しますが、実況に際しては映像の美しさと同時に、処理速度や安定性も重要なファクターとなります。

そのため、性能だけではなく、ゲーム実況を行いながらのストリーミングや録画がスムーズに行えるかどうか、対応するソフトウェアとの相性も考慮して選ぶべきでしょう。

視聴者を魅了する実況を目指すならば、美しい映像で差別化を図り、レイ・トレーシング対応カードの導入はもはや避けて通れない道です。

実況者としてのブランド価値を高めるためにも、選び抜かれたカードで最高のパフォーマンスを発揮してください。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BZA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BZA
【ZEFT Z45BZA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BZA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53M

パソコンショップSEVEN ZEFT R53M

ゲームもクリエイティブ作業も快適、プロフェッショナル向けの最新ゲーミングPC
RTX 4080搭載、32GBの大容量メモリとの絶妙なバランスで高速パフォーマンスを実現
クリアパネルが際立つMasterBox CM694、デザインと機能性が融合したPCケース
Ryzen 7 7800X3D、3D V-Cacheテクノロジーでゲームも作業もスムーズに進む

【ZEFT R53M スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4080 Super (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53M

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AJ

エンハンストミドルクラス、ハイスペックな使い心地を提供するゲーミングPC
マスターフルRTX 4070Tiと先進の64GB DDR5メモリ、極上のパフォーマンスバランス
視線を引き寄せるミドルタワーケースに隠された、RGBの光彩が輝くデザイン美
Core i7 14700KF搭載、マルチタスクでも力強い性能を発揮

【ZEFT Z45AJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AR
【ZEFT Z52AR スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48EA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48EA

強力なパフォーマンスを備え、ミドルグレードを超える快適ゲーミングPC
RTX 4070 Super搭載、すべてのゲームが滑らかに動作する最適バランス
クリアサイドパネルで内部が輝く、洗練されたホワイトミドルタワーケース
ターボ性能に優れるCore i7-14700KFは、プロレベルの処理速度を実現

【ZEFT Z48EA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48EA

メモリとストレージ 快適な実況環境のキーポイント

メモリとストレージ 快適な実況環境のキーポイント

必要なRAM容量とは?

ゲーム実況では、スムーズな動作が求められますが、そのための重要な要素の一つがRAM、つまりメモリの容量です。

RAMが十分でないと、どんなに優れたプロセッサや高速なグラフィックカードを搭載していても、ゲームプレイ中のデータの読み書きが遅れ、結果としてラグや遅延が発生し、ストリームの品質が低下します。

しかし、ゲーム実況で必要なメモリ容量は、実況されるゲームの種類や解像度、利用するソフトウェアによって変わってきます。

例えば、リソースを多く必要とする最新のAAAタイトルを解像度1080p以上でストリーミングする場合、少なくとも16GBのRAMが推奨されます。

これにより、ゲームの応答速度が向上し、同時に実行する配信ソフトウェアやチャットアプリケーションも適切に機能するでしょう。

さらに、多くのプログラムを同時に実行することが多い配信者の場合、32GBやそれ以上のメモリが安定したパフォーマンスを維持する秘訣になります。

実際に、メモリの増設は他のPC部品のアップグレードと比べて手軽でコストパフォーマンスに優れているため、速度のボトルネックを解消し、より快適な実況環境を手に入れる最も効果的な方法の一つです。

ゲーム実況者にとって、RAMは単なるスペックの一部ではなく、視聴者に快適な視聴体験を提供するための重要な投資なのです。

ですから、個々のニーズに適したメモリ容量を見極め、最適なゲーミング環境を構築することが、成功への道を切り開くカギとなるでしょう。

SSDとHDD、どちらがゲーム実況に最適か

SSD(ソリッドステートドライブ)とHDD(ハードディスクドライブ)は、どちらもゲーム実況PCの重要なコンポーネントですが、その使用目的により適した選択肢が異なります。

ゲーム実況においては、高速な読み書き速度が求められるため、システム起動時間の短縮、アプリケーションのロード時間の高速化、そしてゲームの快適なプレイ環境を提供するSSDが強く推奨されます。

特に、オープンワールドタイプのゲームやロード時間が長いタイトルを実況する際には、SSDの利点がより一層際立ちます。

一方、HDDは大容量でコストパフォーマンスに優れているため、録画データやアーカイブの保存など、大量のデータを扱う際には依然としてその価値を発揮します。

また、外付けHDDを活用することで、録画した動画ファイルの管理も容易になります。

最適なゲーム実況環境を構築するためには、高速なSSDをシステムドライブとして、そして大容量のHDDを補助ストレージとして組み合わせるハイブリッドなセットアップが望ましいでしょう。

これにより、ゲームのロード時間を短縮しつつ、実況動画の蓄積もスムーズに行えるため、快適かつ効率的な実況配信を実現可能です。

実況者が心地よくゲームを楽しみながら視聴者に最高のエンターテイメントを提供するには、適切なストレージの選択が不可欠です。

なお、最終的な選択にあたっては、使用するゲームの種類や配信内容、予算などを十分に考慮し、自身の実況スタイルに最も合致する構成を選ぶことが重要です。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格


ゲーム実況に最適なPCケースと冷却システム

ゲーム実況に最適なPCケースと冷却システム

放熱性能と静音性に優れたPCケース選び

ゲーム実況に最適なPCケースを選ぶ際、放熱性能と静音性は切っても切れない関係にあります。

高性能な構成部品が生み出す熱を効率的に排出しながら、同時に静かな環境を維持することは、画質やフレームレートのみならず、視聴者に快適な音声体験を提供する上で極めて重要です。

そのため、ケース内部の空気流動を考慮した設計のものや、複数のファンマウントを備え、熱がこもりにくい構造を持つPCケースが優れています。

また、高密度のサウンドダンピング素材を用いたサイドパネルや、低回転で効率的に動作する冷却ファンが搭載されているモデルは、静音性に寄与します。

これらの機能はゲーム実況中にマイクが拾いがちな細かな音も抑えてくれるため、視聴体験の向上に役立ちます。

PCケースの選択では、これらの特性を備えた製品を見極めることが肝心です。

具体的には、エアフローが最適化されたフロントグリル、静音性を高めるための厚めのパネル、振動を減少させるゴム足やマウントなど、細かな部品の工夫にも注意を払いましょう。

あるいは、カスタム冷却システムを好むユーザーのための水冷対応ケースも存在します。

これらは、追加のラジエーターを取り付け可能なスペースが確保されており、放熱性能をさらにカスタマイズできるため、パワフルなPCに理想的です。

冷却システムとしては、オールインワンの水冷ユニットが簡便で人気があり、高い冷却性能と共に、システムの静穏性を保つことが可能です。

結局のところ、ゲーム実況を行うPCケースの選び方としては、高い放熱性と静音性をバランスよく備えた製品を見極める眼識が不可欠です。

サイレントゲーミングPCケースへの投資は、臨場感溢れる実況ストリームを提供することで、ファンを獲得し、チャンネルを成長させる上で決定的な役割を担います。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

水冷と空冷、それぞれのメリットとデメリット

コンピューターの冷却システムは、ゲーム実況においてパフォーマンスの維持と機器の長寿命を保証する鍵となります。

水冷システムはその静音性と冷却効率の高さで注目されています。

熱を効率良くラジエーターに移動させることで、高熱を発する部品の温度を素早く下げることが可能であり、これは特に長時間のゲーム実況で重要となるでしょう。

また、水冷システムのもう一つの利点は、見た目のカスタマイズ性です。

透明なチューブやLEDライトを使用し、見た目にもこだわるゲーマーにとって魅力的な選択肢です。

一方で、空冷システムはそのシンプルさとコストパフォーマンスに優れています。

ファンとヒートシンクからなるこのシステムは、簡単な取り付けとメンテナンスで多くのユーザーに好まれています。

また、水冷に比べて故障のリスクが低く、初心者にも安心しておすすめできるシステムとなっています。

しかしながら、空冷ファンの運転音は水冷に比べて大きい傾向にあり、また水冷システムほど強力な冷却を期待するのは難しいです。

ストリーマーにとっては、ゲームの音や自分の声がファンノイズに紛れないよう注意が必要になります。

また、大型のグラフィックスカードや多コアのプロセッサーを搭載する場合は、冷却能力が高い水冷システムが望ましいかもしれません。

ゲーム実況にとって最良の選択をするには、自分のPC構成や環境、さらには個人の嗜好を考え合わせることが不可欠です。

性能のみならず、将来のアップグレードやメンテナンスのしやすさも考慮に入れた冷却システムの選択が、快適なゲーム実況ライフを支えることでしょう。

ストリーミング品質を左右するPCアクセサリー

ストリーミング品質を左右するPCアクセサリー

Webカメラとマイクの選び方

ゲーム実況の中核をなし、視聴者とのコミュニケーションに欠かせないWebカメラとマイクは、配信の質を大幅に左右します。

画質が鮮明でフレームレートが高いWebカメラを選べば、表情や細かなリアクションもきめ細やかに映し出せ、視聴者がより一体感を感じることができるでしょう。

低照度性能に優れていると、部屋の照明が完璧でなくてもクリアな映像提供が可能です。

また、広角レンズを備えることで、自由なアングルからの配信が実現し、表現の幅が広がります。

一方で、マイクはきれいな音声を拾うことが最優先ですが、ノイズキャンセレーション機能や指向性の選択は環境ノイズを排除し、クリアな音質を確保するために欠かせません。

また、調整可能なアームやスタンドを備えたマイクなら、理想的なポジションへの調整が容易になり、快適な実況環境を構築可能です。

USB接続のマイクは使いやすさで定評がありますが、XLR接続の場合には、専用オーディオインターフェースを介してより高音質な録音が望めます。

Webカメラとマイクの選び方は、ゲーム実況における表現力の幅を拡げ、視聴者に忘れがたい印象を残すための重要なステップです。

適切な機材を選ぶことで、配信のプロフェッショナリズムが増し、ファンを惹きつける魅力あるストリーミングが実現します。

実況配信を快適にするモニター選び

ゲーム実況を行う際に細部まで映像がクリアに見えるモニターは必須です。

なぜなら、配信者が細かなゲームの詳細を視聴者に伝えるのに適しているからです。

視聴者が求める高画質のストリーミングを実現するためには、高いリフレッシュレートを持つモニターが理想的です。

例えば、144Hzやより高い240Hzをサポートするディスプレイは、滑らかでリアルタイムな画面遷移を提供し、アクションが激しいゲームを実況する際に役立ちます。

さらに、快適な視聴体験を提供するためには、解像度も重要な要素です。

4Kモニターは落ち着いた色彩とシャープなコントラストで、ビジュアルクオリティを大幅に向上させます。

しかし、高解像度をフルに活用するには相応のGPUパワーが求められるため、PC全体のスペックにも注意が必要です。

また、ゲーム実況においては、モニターの応答速度も考慮しなければなりません。

低い応答速度を持つモニターは、動きの速いシーンでブラー(残像)を生じさせ、プレイヤーのパフォーマンスへの影響と共に視聴体験を損ねてしまいます。

1ms以下の応答速度を持つモニターが最適で、迅速な反応と描写が要求されるゲームにおいて優れた選択となります。

最後に、配信時にもゲームをプレイしながらチャットを確認するために、マルチモニター環境を構築するのも一つの手です。

これにより、ゲーム画面に集中しながらも視聴者とのコミュニケーションを図ることが可能となり、より一層充実した実況配信が行えます。

モニター選びは、最高のゲーム実況体験を創出するうえで避けて通ることのできない要素です。

リフレッシュレート、解像度、応答速度、そしてマルチモニターの可否を総合的に判断し、自身のゲーム実況スタイルにマッチしたモニターを選択することが、視聴者にとっても最高の視聴体験を提供する鍵となります。

ゲーム実況に役立つソフトウェアとツール

ゲーム実況に役立つソフトウェアとツール

ストリーミングソフトウェアの選定基準

ゲーム実況におけるストリーミングソフトウェアの選定は、鮮明な画像品質を保ちつつ、視聴者にスムーズな配信体験を提供する重要なステップです。

まず、ソフトウェアはそれぞれのPCの性能に合致している必要があり、CPUやグラフィックカードの能力を最大限に活かせるものを選ぶべきです。

次に、配信の安定性を見据えて、回線の質に見合った帯域の調整機能を有するソフトウェアが望ましいでしょう。

さらに、高度な機能を備えたソフトウェアが多く存在しますが、シンプルなインターフェースを持つものが使い始める際には扱いやすく、初心者にもおすすめです。

逆に経験豊かな実況者であれば、カスタマイズ性の高いソフトウェアを選択し、多様なシーン切り替えや効果的なビジュアル追加によって、視聴者に他にはない配信を提供することが可能になります。

視聴者とのコミュニケーションがゲーム実況の魅力の一つであるため、チャット機能が充実し、視聴者の反応をリアルタイムで取り入れられるソフトウェアを選ぶことも大切です。

これらのポイントを抑えた上で、使い勝手の良さや配信中のトラブルへのサポート体制も考慮し、実況者個々のニーズに合ったストリーミングソフトウェアを選定することが成功への秘訣と言えるでしょう。

実況プレイを充実させる便利なツールたち

ゲーム実況に必要なソフトウェアとツールの存在は、視聴者に優れたエンターテインメント体験を提供する上で欠かせません。

高画質の配信を可能にするOBS Studioは、無料でありながらその機能の充実さで、多くの実況プレイヤーに支持されています。

クロマキー合成やピクチャーインピクチャーなど、プロフェッショナルな映像を作り出すための機能を備えており、配信のクオリティを大幅に引き上げます。

また、視聴者との対話が実況の魅力を大きく左右するため、リアルタイムチャットをスムーズに行うことができるStreamlabsの活用も不可欠です。

通知機能やウィジェットのカスタマイズによって、配信者本人はもちろん視聴者も楽しむことができる工夫が可能になります。

録画したゲーム映像の編集作業にはAdobe Premiere ProやFinal Cut Proなどの高機能なソフトウェアが推奨されます。

これらは扱いにはある程度の習熟が必要ですが、その分、高度な編集やエフェクトの追加によって鮮やかな映像を創出することができます。

ゲーム実況を盛り上げる音響効果にはAudacityなどの音声編集ソフトウェアが最適です。

簡単操作でのノイズ除去や音量調整をはじめ、プロレベルの音響調整を行うことができるため、実況プレイのクオリティ向上に寄与します。

これらのソフトウェアやツールを駆使することで、ゲーム実況は単なるプレイ動画から、視聴者に思い出に残るようなエンターテインメントコンテンツへと進化します。

それぞれのツールが持つポテンシャルを最大限に発揮し、実況プレイヤーは自身の個性を、そしてプレイするゲームの魅力を、全世界に向けて伝えることができるのです。

あわせて読みたい

2024年決定版! おすすめデスクトップゲーミングPC完全ガイド

ゲーミングPCフリーク

動画編集は静かな環境で! 最高のおすすめ静音PCレビュー

ゲーミングPC Tier1

ハイエンドゲーマー向け おすすめデスクトップゲーミングPC検証

ゲーミングPC評価ブログ

2024年版 AI専用PCおすすめカタログ 効率アップの選択肢

BTOパソコンチョイス

デスクトップ進化論 おすすめゲーミングPCで勝利を掴め

ゲーミングPC.jp

音楽制作PC戦略 DTMアーティストのためのおすすめ機種とスペック

BTOパソコンチョイス

初心者からプロまで! ゲーミングPC配信用おすすめセットアップ

ゲーミングPC評価ブログ

プロの視点! 配信に最適なゲーミングPCをおすすめします

ゲーミングPCフリーク

カスタマイズ可能なフル機能! おすすめBTOパソコン比較表

ゲーミングPC Tier1

プロゲーマーのためのおすすめBTOゲーミングPC選定法

BTOパソコンチョイス

ハードコアゲーマー必見! おすすめBTOゲーミングPCスペック解析

ゲーミングPC.jp

ビデオ編集者の夢を叶えるPC おすすめモデルの秘密

ゲーミングPCフリーク

ビジネスの新常識 2024年おすすめパソコンカタログ

ゲーミングPC Tier1

BTOパソコンとは?初心者から上級者まで理想の構成を見つけるテクニック

ゲーミングPC評価ブログ

極上のゲーム体験を実現! おすすめデスクトップゲーミングPC選定法

BTOパソコンチョイス

コスパ最強! ビジネスで活躍するおすすめパソコン特集

ゲーミングPC Tier1

知識ゼロからのWindows PC選び 初心者向けの完全ガイド

ゲーミングPCフリーク

おすすめライブ配信PCトップピック ストリーミングを支配する選択

ゲーミングPC評価ブログ

ビデオクリエイター必携! おすすめビデオ編集PCラインナップ

BTOパソコンチョイス

性能重視! 究極のゲーミングPC選び方

ゲーミングPC.jp

ゲーミングで勝つ! デスクトップPCのスペック別おすすめモデル

ゲーミングPCフリーク

ゲーム実況パソコンを選ぶコツ トップ実況者が推薦するおすすめモデルは?

BTOパソコンチョイス

おすすめデスクトップゲーミングPC エリートゲーマーの必需品

ゲーミングPCフリーク

コスパ最強! おすすめデスクトップパソコン選び方

ゲーミングPC Tier1

動画編集PCの最前線 2024年版トレンドとおすすめ商品

ゲーミングPC評価ブログ

動画編集からアニメーションまで 映像クリエイターのパソコン完全攻略

BTOパソコンチョイス

おすすめBTOパソコン2010年版 究極の選び方

ゲーミングPC.jp

必要スペックから価格まで Youtube用おすすめPC大公開

ゲーミングPC Tier1

ハイスペックを求める者へ おすすめBTOゲーミングPCカタログ

ゲーミングPC評価ブログ

おすすめフルカスタマイズBTOパソコン パワーユーザー向け選択術

ゲーミングPCフリーク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次